2019年12月1日(日)

地域交流事業


亘理町民の「現場一般公開」を実施

>PDFバージョン【PDF:346KB】

常磐道沿線住民の皆さまへ事業PR

仙台工事事務所では、令和元年11月30日(土)、12月1日(日)に亘理町民80名(40名/日)を迎えて、常磐道山元IC~岩沼ICの4車線化工事の現場公開を実施しました。
「高速道路建設事業の地元への理解促進」を目的として行ったもので、仙台PR館にて事業概要の説明、展示物による工事説明などを行いました。町民の皆さまは、事業規模や施工方法の説明を聞き、地元で行われている高速道路の建設に興味津々でした。その後、阿武隈大橋の架設現場および道路管制センターを見学し、普段は立ち入ることが出来ない建設現場や施設を熱心に見学していました。
当事務所は今後も、地元の方々に対して積極的にPRを行い、高速道路の建設事業を理解していただけるよう努めてまいります。

事業概要説明
模型による工事説明
阿武隈大橋工事現場見学
管制センター見学

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでな方は、こちらからダウンロード(無料)別ウィンドウ表示してご利用ください。

カテゴリー


アーカイブ