2018年11月14日(水)

地域交流事業


仙台プレゼンテーションルームのマスコミ公開を実施

>PDFバージョン【PDF:258KB】

常磐道4車線化事業の情報配信

仙台工事事務所では、平成30年11月14日(水)に「仙台プレゼンテーションルーム」のマスコミ公開を実施しました。
当プレゼンルームは、常磐道4車線化事業の理解促進及び事業内容をお知らせすることを目的に、亘理町内に設置したものです。プレゼンルームでは、4車線化事業の概要を説明するパネルを始め、4車線化工事のジオラマ・工事車両のミニチュア・ニューマチックケーソンの模型等の展示を行っています。
公開当日は報道関係者に対し、広瀬所長からプレゼンルームについて概要説明を実施後、阿武隈大橋の現場へ移動し小林工務課長から現場の概要説明を実施しました。今後は当プレゼンルームを利用し、地元の方々や学生の皆様に常磐道4車線化事業を積極的にPRしていきたいと考えています。

パネルを用いて4車線化概要説明
ニューマチックケーソン工法の説明
TV局の取材
阿武隈大橋において現場概要説明

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでな方は、こちらからダウンロード(無料)別ウィンドウ表示してご利用ください。

カテゴリー


アーカイブ